シニア世代が喜ぶed治療|夫婦を結ぶバイアグラのおまじない

ed治療薬の誕生

ed治療薬が国際的に初めて誕生したのが1998年の事で有り、血管の拡張作用を持つ狭心症の改善薬として開発が進められていましたが望む様な成果を上げる事が出来ずその後に研究により勃起障害を改善する効用が見つかり転用され初めてのed治療薬バイアグラが誕生し、それまで治療出来ない疾患とされてきましたが治療出来るとなり世界中の男性の方が注目し、国内でもその噂は広まり輸入により治療を始める方が増加しました。
しかし、輸入に頼る事は医師の管理下での内服とは違い、併用禁忌薬等の説明も無いままの内服により急激な血圧の低下を起こし性交直前で心停止を起こし死亡に至った例が数例有り、その事からも国内での承認を早める必要が有り1999年に臨床試験は行わず開発国で有る米国のデータに基づいて異例の早さでバイアグラの承認が行われました。
その為、現在ではバイアグラ以外にもed治療薬はレビトラとシアリスの二剤が誕生していますが、いずれも医師の処方箋を必要とする医薬品とされ保険の適応が無い自由診療によるとされるので薬価の基準が無いものだけに一錠当たりの薬価も高額とされ、上記に挙げたシアリスは国内では最新のものになり、最大用量を20mgとしていますが、薬価が一錠2000円前後するので性交前一錠の内服が必要とされ頻度にもよりますが多くを自費で負担しなければならず、継続した治療が困難になる事も有ります。
シアリスの特徴としては他二剤には無い長時間型とされ翌日まで効き目を持続させる事が出来るので時間的な余裕を持って性交を営む事ができ又、食事の影響を受けずらく、副作用症状発現も少ないとされるので国際的にも内服する方が多く人気の高い治療薬となり、それぞれ特徴が異なるものの薬剤それぞれの作用は同一とされ、原因とされる血液流入量の低下を改善する事ができ作用としては海綿体に存在している酵素を阻害する事で血管が拡張され多量の血液を海綿体へと輸送する事が出来る様になります。
治療の一次選択となる薬剤なので医師の指示を守った内服を心掛ける事が大切となります。

勃起不全に効果のあるED治療薬バイアグラの詳細はこちら